コメントする

その腰痛はがんかも知れない!腰痛の症状と対処法

ほとんどの腰痛は、原因が不明です。この原因不明のほとんどの腰痛は、自己限定性疾患といって全ようつの患者さんの95%から99%をしめます。残りの1から5%の腰痛が命の危険があったり緊急の手術を必要とする危険な腰痛になります。危険な腰痛の種類、症状には、悪性腫瘍、がん、脊髄感染症、強直性脊椎炎、椎体圧迫骨折、馬尾症候群などです。がんと、骨、感染症、神経に分けられます。腰痛で受診した患者さんのうち、深刻な疾患が存在する頻度は、悪性腫瘍0、7%、圧迫骨折4%、脊椎感染症0、01%、強直性脊椎炎0、3%です。馬尾症候群は、0、04%ですが緊急の手術が必要です。急に腰がいたくなったらたかが、腰痛とおもわずに病院に行きましょう。悪性腫瘍の場合の腰痛症状、がんが腰のあたりで発生したり転移したりすると、腰痛のような症状がでたりします。例えば、大腸、肝臓、すい臓の腫瘍の悪性腫瘍です。年齢が50才以上、体重減少、痛みが4から6しゅうかん以上続く、安静にしてもいたみが引かないなどです。感染症が原因の場合、化膿性脊椎炎、せぼねが細菌に感染して起こります。発熱、腰痛、手足の麻痺などです。薬物による静脈注射の濫用、背中の激しいいたみ、細菌感染、尿路感染、腎炎、肺炎、ステロイド、免疫抑制ざいの使用、結核などです。強直脊椎炎、日本人の発症頻度は、0、007%から0、04%、原因は不明です。年齢が40才以下、発症するのは、10才から35才、特に男性です。徐々に痛みが出てくる。3ヶ月以上いたみが続いている。運動することによって症状が緩和するなどです。馬尾症候群は、膀胱直腸機能障害を伴う神経しっかんです。感覚の低下、運動障害、膀胱直腸を改善するには発症から、48じかん以内の手術が必要です。排尿障害、排便障害、座骨神経サドル麻痺の症状などが複数あてはまる場合は注意が必要です。脊椎の骨折が原因の場合ステロイドの長期使用、70才以上、50才以上で軽い外傷、骨粗鬆症など。女性の場合は、子宮がんなど婦人科けいの病気がかくれている可能性があります。症状は、生理以外の出血、おりものが増える、性交時の出血などです。病気が進行すると、出血することにより、貧血などの症状があらわれてきます。悪性腫瘍yが周辺の臓器に転移すると、頻尿や下腹部の痛み、腰の痛みがでてきます。腰の痛みに対する対処法、急な腰の痛みの対処法は、病院にいくのはもちろんですが、よこになりやや、前屈みで膝を曲げて安静にすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です