コメントする

心筋梗塞のカテーテル治療とは?

心筋梗塞とは、心臓の筋肉に血液を送る冠動脈という血管がありますが、その冠動脈が動脈硬化などでプラークや血栓ができてしまい、血管が詰まってしまうことによって血液を送れなくなってしまう病気です。血液を送れなくなってしまうと、心臓に酸素や栄養を届けられなくなってしまうので、結果として届けられなくなった部分が壊死してしまいます。
では、具体的に心筋梗塞が起きるとどのような症状が出てくるのか。症状としては、
・胸痛
・呼吸困難
・吐き気
・冷や汗
などの症状が現れます。また、人により強い背部痛や首の痛みを感じる人もいます。そして、これらの症状が5分以上続く場合大変危険な状態であるので、すぐに病院へ行きましょう。冠動脈が詰まる時間が長くなるほど、心臓が壊死してしまう部分が広範囲に広がってしまい、予後の悪化や最悪の場合死亡してしまう場合もあります。
では、どうやって心筋梗塞を治療するのか?現在行われている方法が「心臓カテーテル治療」というものがあります。
心臓カテーテル治療は、まず上腕や太ももの動脈からカテーテルを挿入して冠動脈まで持っていき、そこから造影剤を冠動脈に流してX線を当ててリアルタイムで造影剤の流れ方を観察し、流れの悪いところを見つけます。そして血管が狭くなって血液が流れにくくなっている部分や、完全に詰まってしまっている部分にバルーンという風船のようなものや、ステントと言われる金属の網のような物を使って血管を広げる治療です。このバルーンやステントを血管に置く際は、IVUSと呼ばれる超音波で血管の中を撮影する機械を使い、実際に血管の太さはどのくらいなのか、どのくらいの長さが必要なのかなどを計測して病変部に置いています。処置時間は、病変の多さなどにも左右されますが、だいたい1時間半~2時間くらいで終了することが多いです。
治療後は、最初の1年は3~4ケ月毎に、以降は半年から1年後毎に冠動脈が再び詰まっていないか、置いたステントが潰れていないかなどを検査しフォローアップすることになります。動脈硬化などの原因になる喫煙等は当然禁止になり、ステントを置いた際は血栓ができることを予防するために、抗凝固役を飲み続けなければいけなくなります。
心筋梗塞は、発生してから処置するまでの時間が大変重要になる病気です。上記のような症状があらわれ、心筋梗塞が疑われる場合はすぐに救急車などを呼ぶなどして、病院へ行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です